メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

中港慈裕宮

中港慈裕宮
 
慈裕宮は間口が7開間(柱が8本立つ幅)の合院式建築であり、三進二廊(平行した3棟と廊下2本)、左右に護龍(脇の建物)という配置となっている
文化財分類: 史跡
所在地: 苗栗県竹南鎮民生路7号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.86374,24.68245
指定機関: 苗栗県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

苗栗県中港慈裕宮のある中港地域は早くから開発が進んだ地域です。元は福建省南部漳州の出身者が塩館前地域に建てた草葺きの小屋で、福建省と広東省からの移民が一緒に拝んでいました。その後、土壁と瓦屋根の宮殿型の廟に建て替えられました。清の乾隆48年(1783年)には、廟が手狭になってきたことから、地元の名士の提案で中港城南門付近に移転しました。 慈裕宮は、七開間(幅が柱8本)、三進二廊(平行した3棟と廊下2本)、左右の護龍という合院式建築です。前殿中門にある一対の青斗石の獅子像は、慈裕宮で最も古く美しい石像です。前殿内の蟠龍が彫刻された一対の石柱は初期の龍柱で、ここにしか残っていません。中港慈裕宮の建物はこれまで幾度も建て替えられましたが、前殿や正殿、牆廊(軒下の壁)などは、伝統の大木構造が残されています。前殿の左右の建築は、細部に明らかな差があり、たとえば中門両側の石彫の壁、梁と梁の間の斗抱等に違いが見られます。このことは前殿が漳州派と泉州派の職人による「対場造」(競作)で建設されたことを示しており、慈裕宮の建築における最大の特色となっています。

發展源流

主要特色


慈峪鎮の最大の特徴は、中心軸を分離点とする張泉での二大政党の建設であり、両側の彫刻や工法には、中心軸の対称的な建設とは異なる独自のメリットがあります。軸対称構造の一般的な寺院とは異なります
慈峪鎮の最大の特徴は、中心軸を分離点とする張泉での二大政党の建設であり、両側の彫刻や工法には、中心軸の対称的な建設とは異なる独自のメリットがあります。軸対称構造の一般的な寺院とは異なります
現在、中港慈裕宮の背後にある古代の井戸「井井泉」は、清王朝後期に台湾の知事である劉銘伝(1836-1896)によって慈峪宮殿に駐留していたと言われています。中港慈裕宮の開発の歴史を目撃した
現在、中港慈裕宮の背後にある古代の井戸「井井泉」は、清王朝後期に台湾の知事である劉銘伝(1836-1896)によって慈峪宮殿に駐留していたと言われています。中港慈裕宮の開発の歴史を目撃した
中港慈裕宮の正面装飾には、正面玄関と庇の装飾、庇と柱、青い獅子など、多くの石の彫刻が使用されており、慈峪宮殿の最も初期の石の彫刻の傑作です。
中港慈裕宮の正面装飾には、正面玄関と庇の装飾、庇と柱、青い獅子など、多くの石の彫刻が使用されており、慈峪宮殿の最も初期の石の彫刻の傑作です。
中港地域を守っている千里眼の将軍は、遠くを見つめながら、マ・ズポの領土をパトロールしている、マ・ズポの右腕です。
中港地域を守っている千里眼の将軍は、遠くを見つめながら、マ・ズポの領土をパトロールしている、マ・ズポの右腕です。
清朝の同治帝と光緒帝から授与された楯は、慈峪鎮の長い歴史を物語る本堂の神社の上に飾られています。
清朝の同治帝と光緒帝から授与された楯は、慈峪鎮の長い歴史を物語る本堂の神社の上に飾られています。
中港慈裕宮に祀られている主な神々は、梅州の3番目の母親、市庁舎の柔らかい叔母と2番目の母親であり、3人のマズがそれぞれの職務を果たしています
中港慈裕宮に祀られている主な神々は、梅州の3番目の母親、市庁舎の柔らかい叔母と2番目の母親であり、3人のマズがそれぞれの職務を果たしています
正門の神は、昭和4年(1918年)の拡張と再建の際に、張泉と泉から2人の師匠を雇い、現場で働きました。)異なる建築家によって個別に建設され、共同で完成しました。
正門の神は、昭和4年(1918年)の拡張と再建の際に、張泉と泉から2人の師匠を雇い、現場で働きました。)異なる建築家によって個別に建設され、共同で完成しました。
慈峪宮殿の正門(中港とも呼ばれます)の中央門にある青い闘石獅子は、慈峪宮殿の最も初期の石の彫刻です。
慈峪宮殿の正門(中港とも呼ばれます)の中央門にある青い闘石獅子は、慈峪宮殿の最も初期の石の彫刻です。
寺院前の広場にある家々の外壁には、慈峪鎮の毎年恒例の儀式や活動が描かれており、地元の文化的特徴が明らかになります。
寺院前の広場にある家々の外壁には、慈峪鎮の毎年恒例の儀式や活動が描かれており、地元の文化的特徴が明らかになります。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點