メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

湖口三元宮

湖口三元宮
 
湖口三元宮の正面図
文化財分類: 史跡
所在地: 新竹県湖口郷湖鏡村湖口老街278号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.05859,24.87708
指定機関: 新竹県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

新竹県湖口の三元宮は湖口旧市街の隣にあります。湖口は清代から続く繁華街で、清の光緒年間に鉄道の駅が作られると、街はますます発展し、その後、三元宮が建てられました。三元宮は、湖口地域の嘗会(民間信仰の宗教組織)に発祥します。嘗会のうち三官嘗と賜福嘗は三官大帝を祀っています。日本統治時代に建てられた三元宮の建物は、伝統的な母屋(もや)を持つ一方、レンガの柱や鉄筋コンクリートの梁など、当時の新しい建築技術も用いられているのが、特徴の一つとなっています。 湖口三元宮では毎年上元節(元宵節、旧暦1月15日)に幸せを祈る祭りを、下元節(旧暦10月15日)に神様に感謝する祭りを行います。地元の六つの集落が持ち回りで祭りを担当することで昔ながらの信仰の形を今に受け継いでいます。このほか、毎年旧暦正月に、南へと参拝や神輿の巡礼を行うのが、地域の重要な信仰文化の一つとなっています。2001年には新竹県の指定古跡となりました。

發展源流

主要特色


神殿の3人の役人の簡単な紹介。 三元宮は、戸籍地域のツァンギの信念に端を発し、その中には三関商と三関商の皇帝に対する祝福があります。
神殿の3人の役人の簡単な紹介。 三元宮は、戸籍地域のツァンギの信念に端を発し、その中には三関商と三関商の皇帝に対する祝福があります。
本堂前に飾られた「えんぷぼうい」の盾
本堂前に飾られた「えんぷぼうい」の盾
本堂の神社の上には、「皇帝心建ザイ」の銘板と三関天皇の位置があります。
本堂の神社の上には、「皇帝心建ザイ」の銘板と三関天皇の位置があります。
本堂の四点金柱と屋根トラスが特徴で、レンガ柱とRC梁を採用。
本堂の四点金柱と屋根トラスが特徴で、レンガ柱とRC梁を採用。
本堂の棟屋根には切り抜きが多く、寺院内には四角い建物が見えます。
本堂の棟屋根には切り抜きが多く、寺院内には四角い建物が見えます。
寺院の廊下は両側のサイドルームに接続されており、さまざまな一般的な形の廊下があります
寺院の廊下は両側のサイドルームに接続されており、さまざまな一般的な形の廊下があります
三川ホールに吊るされた「明京進士」のプラーク
三川ホールに吊るされた「明京進士」のプラーク
三川堂の両側の壁には龍と虎の模様が描かれています。これは龍が描いたものです。
三川堂の両側の壁には龍と虎の模様が描かれています。これは龍が描いたものです。
三川ホールの屋上トラスには、3本のリンクと5本のメロンが飾られており、ホールには「明景進士」と呼ばれる飾り板があります。
三川ホールの屋上トラスには、3本のリンクと5本のメロンが飾られており、ホールには「明景進士」と呼ばれる飾り板があります。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點