メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

北埔慈天宮

北埔慈天宮
 
北埔慈天宮の正面図
文化財分類: 史跡
所在地: 新竹県北埔郷北埔街1号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.05811,24.70101
指定機関: 新竹県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

北埔慈天宮は金広福開拓民の精神のよりどころです。台湾には17世紀中頃から漢人の開拓移民が大量に流入しました。漢人移民は、少しずつ内陸の丘陵や山間部へと開拓を進めて行きました。新竹の北埔地域は古来より原住民の平埔族のタオカス族と高山族のタイヤル族の活動地域でしたが、清の道光14年(1834年)に淡水の同知(副知事)李嗣鄴(?-1839年)が原住民をなだめるため開墾を奨励し、それに応じて当時の九芎林庄の総理を務めた広東出身の客家人の姜秀鑾(1783-1846年)と竹塹城の閩南人の周邦正(1781-1847年)が「金広福」墾号を共同設立し、東南の山林へと開拓を進めていきました。 開拓地の拠点が確立すると、開拓民の保護と人心の安定のため、閩南人と客家人がともに信仰する観音菩薩と媽祖を祀り、泉州や客家など、それぞれのルーツの建築的特徴を融合した北埔慈天宮が建設されました。それ以来、北埔地域の民間信仰の中心として、新竹山間部の開拓の歴史を見つめてきた慈天宮は、閩南人と客家人の協力と多様な集団の信仰の尊重の過程を今に伝えています。

發展源流

主要特色


慈天宮の両面バケツの建物の壁
慈天宮の両面バケツの建物の壁
慈天宮の屋根は3つの尾根を採用しています
慈天宮の屋根は3つの尾根を採用しています
江栄華(生死年不明)の名を冠した「風陰泉」の楯は、清朝光緒8年(1882年)に本堂で最初に栽培されました。
江栄華(生死年不明)の名を冠した「風陰泉」の楯は、清朝光緒8年(1882年)に本堂で最初に栽培されました。
観音菩薩と媽祖の「二重の慈悲と生贄」
観音菩薩と媽祖の「二重の慈悲と生贄」
寺院の24本の親孝行石柱の2つのグループは滑らかで魅力的であり、台湾の寺院でのみ見られます。
寺院の24本の親孝行石柱の2つのグループは滑らかで魅力的であり、台湾の寺院でのみ見られます。
寺院で木で作られた空飛ぶ妖精
寺院で木で作られた空飛ぶ妖精
セントラルゲートストーンライオン
セントラルゲートストーンライオン
庇廊下と龍柱の左右の石彫りは、いずれも台頭龍の形、複合柱の基礎、そして台湾では珍しい十八羅漢の形をとっています。
庇廊下と龍柱の左右の石彫りは、いずれも台頭龍の形、複合柱の基礎、そして台湾では珍しい十八羅漢の形をとっています。
北埔慈天宮のメインホール
北埔慈天宮のメインホール

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點