メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

壮囲郷游氏家廟追遠堂

壮囲郷游氏家廟追遠堂
 
壮囲郷游氏家廟追遠堂の正面図、両側の龍を守っている澄んだ水赤レンガがはっきりと見えます
文化財分類: 史跡
所在地: 宜蘭県壮囲郷壯六路39号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.80121,24.74718
指定機関: 宜蘭県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の乾隆25年(1760年)、游氏開台祖(台湾に最初に移り住んできた先祖)の11代目の游士恨(生没年不詳)、游士怕(?-1798年)兄弟は、福建省詔安県から台湾に移住しました。清の嘉慶8年(1803年)、游士怕の妻の李氏(温勤媽、生没年不詳)は8支族の子孫を引き連れて宜蘭へ移住しました。游氏は嘉慶・道光年間にかけ、広大な土地を開墾し、壮囲郷の壮六地域にも游氏の村ができました。 游氏の家廟「游氏追遠堂」が建てられたのはその頃のことです。この家廟には、台湾に渡り田畑を開拓した先祖への感謝を示すという意味のほか、血縁の少ない開拓移民にとって、全世代が力を合わせて開拓に取り組む必要があったことから、血縁を紐帯とする家廟によって同族経営をより強固にするという意味もありました。宜蘭地域にわずかに現存する家廟の一つとして、時代性、地域性、芸術性、そして詔安客家語の使用といった文化的特色を持つ游氏家廟追遠堂は、その価値を記録し保存していくべき重要な文化遺産です。

發展源流

主要特色


ベルガモット、桃、ザクロで描かれた朱井源堂の仏像は、多くの祝福された、長寿の、そして多くの男性の縁起の良い写真を示しています
ベルガモット、桃、ザクロで描かれた朱井源堂の仏像は、多くの祝福された、長寿の、そして多くの男性の縁起の良い写真を示しています
寺院内の悠家の先祖の神社や壺。 主な崇拝者は、本土の第5世代と第6世代の記念碑を持って、台湾の祖先であるクアンイゴンにやって来ました
寺院内の悠家の先祖の神社や壺。 主な崇拝者は、本土の第5世代と第6世代の記念碑を持って、台湾の祖先であるクアンイゴンにやって来ました
改修時に子孫の子孫から贈られた「チョン・デ・ユアンを追う」の盾
改修時に子孫の子孫から贈られた「チョン・デ・ユアンを追う」の盾
美しくバランスの取れたトラス、絵画、ナガスクジラ
美しくバランスの取れたトラス、絵画、ナガスクジラ
チャイユアンホールは四角い梁と柱、そしてより簡潔な形の木枠を使用しています
チャイユアンホールは四角い梁と柱、そしてより簡潔な形の木枠を使用しています
屋根はカラフルで優雅でシンプルです
屋根はカラフルで優雅でシンプルです
家族の寺院に属しているので、軒の装飾は比較的簡単です
家族の寺院に属しているので、軒の装飾は比較的簡単です
寺院の外壁は、さまざまな色の洗石、塗装タイル、白いタイルで作られています。
寺院の外壁は、さまざまな色の洗石、塗装タイル、白いタイルで作られています。
本堂にある柔らかく折りたたまれた巻物型の木製横プラーク
本堂にある柔らかく折りたたまれた巻物型の木製横プラーク

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點