メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

頭城慶元宮

頭城慶元宮
 
頭城慶元宮の正面図
文化財分類: 史跡
所在地: 宜蘭県頭城鎮和平街105号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.82410,24.85751
指定機関: 宜蘭県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

宜蘭県頭城鎮の慶元宮はこの地域で最も歴史の古い媽祖廟です。頭城は蘭陽地域における漢人が開拓した最初の地で、烏石港に近いことから、日本統治時代以前から非常に栄え、市場町が形成されていました。慶元宮もこの街中に建てられ、100年にわたりこの地を行き交う商人や住民を守ってきました。 慶元宮は清代に建造され、100年の間に何度も増改築が行われましたが、廟内には今なお創建当時の装飾などが数多く残されています。門の横にある石彫や柱は、全て地元の石材に職人が彫刻を施したもので、上品で素朴な雰囲気です。そのほか、木彫や彩色画など、いずれも地元各流派の工匠たちの技術の高さが表れています。廟には清代の県丞(副県長)が書いた対聯や、地元信者が献上した「寰海尊親(この世において親を尊ぶ)」の扁額があり、媽祖への敬慕の念が表れています。これらはいずれも重要な文化遺産であるとして、頭城慶元宮は2014年に宜蘭県の指定古跡に指定されています。

發展源流

主要特色


ウェンチャン皇帝とチャンジェマスターへの崇拝、太陰暦で毎年2月に祭りが開催されます
ウェンチャン皇帝とチャンジェマスターへの崇拝、太陰暦で毎年2月に祭りが開催されます
五穀天皇への参拝、神農天皇のクリスマスセレモニーは毎年太陰暦の4月26日に行われます。
五穀天皇への参拝、神農天皇のクリスマスセレモニーは毎年太陰暦の4月26日に行われます。
慶元宮は主神、天の聖母を祀っています
慶元宮は主神、天の聖母を祀っています
メインホールで、東偉郡の元首相である王ペイが書いた二行連句のシーン
メインホールで、東偉郡の元首相である王ペイが書いた二行連句のシーン
メインホールの眺め、メインホールには多くの絵画や木彫り、そして多くの連句があります
メインホールの眺め、メインホールには多くの絵画や木彫り、そして多くの連句があります
寺院の回廊の眺め
寺院の回廊の眺め
三川寺の門の上のプラーク「寰海尊親」は、寺院の重要な文化的遺物です。
三川寺の門の上のプラーク「寰海尊親」は、寺院の重要な文化的遺物です。
本堂と三川館をつなぐ廊下が両側にある寺院の風景
本堂と三川館をつなぐ廊下が両側にある寺院の風景
慶元宮の扁額
慶元宮の扁額

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點