メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

利沢簡永安宮

利沢簡永安宮
 
利沢簡永安宮の正面図
文化財分類: 史跡
所在地: 宜蘭県五結郷利澤村利澤路26号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.82320,24.66664
指定機関: 宜蘭県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

八大荘地域の信仰の中心であり、宜蘭県利沢簡旧市街の中にある利沢簡永安宮は、天上聖母(媽祖)を祀る廟です。清の道光年間に建設され、海に面する普通の廟とは反対に、海を背に山に面して立っています。廟は何度も改築されており、1994年にも古い廟を取り壊して建て替えようという話が持ち上がりました。しかし、地域の重要な文化遺産として建物を保存すべきだという声が上がり、地域住民が議論を重ねた結果、古い廟を残し、その後ろに新しい廟を建てて媽祖を祀ることになったのです。現在の廟は2006年12月7日に起工し、10年かけて2016年11月17日に神像が安置されました。 毎年元宵節(旧暦1月15日)に開かれる利沢簡走尪(神輿行列)は地域の重要な伝統行事です。昔、地域に疫病が流行した際、神様に市中を巡回して疫病を鎮めていただきました。それが後に元宵節を祝う地域の重要な祭りとなったのです。神輿が八大荘を巡回した後、最後に永安宮の前で燃やした紙銭の上を渡る「過金火」の儀式が行われ、これで順調に終わります。

發展源流

主要特色


元エグゼクティブディーンユーシクン(1948-)は、寺院のユニークなプラークである「歴史的で人道的な寺院ランヤンファーストパレス」プラークを捧げました
元エグゼクティブディーンユーシクン(1948-)は、寺院のユニークなプラークである「歴史的で人道的な寺院ランヤンファーストパレス」プラークを捧げました
寺院の両側には、日本の占領5年目(1930年)に、ドラゴンタイガーでブロックされた交趾陶器に彼とリンの名前が残っています。
寺院の両側には、日本の占領5年目(1930年)に、ドラゴンタイガーでブロックされた交趾陶器に彼とリンの名前が残っています。
寺院の真ん中にある寺院の神の絵、絵の一部は「鶏の売り手」として知られているリン・ジェンユアンによるものであり、絵の現在の部分は宜蘭市の王東城によって塗り直されました1975年
寺院の真ん中にある寺院の神の絵、絵の一部は「鶏の売り手」として知られているリン・ジェンユアンによるものであり、絵の現在の部分は宜蘭市の王東城によって塗り直されました1975年
3つのリンクと5つのメロン、下の2つのリンクは象で表されます
3つのリンクと5つのメロン、下の2つのリンクは象で表されます
本堂の神社には絶妙な木彫りがたくさんあり、すべて木彫りは樟脳や樟脳などの彫刻で作られています。
本堂の神社には絶妙な木彫りがたくさんあり、すべて木彫りは樟脳や樟脳などの彫刻で作られています。
石の彫刻部分は福建省南部のフー・シュンロンと多くの職人によって作られ、石の柱と枕の模様はその絶妙さを表しています。
石の彫刻部分は福建省南部のフー・シュンロンと多くの職人によって作られ、石の柱と枕の模様はその絶妙さを表しています。
寺院の門にある木彫りと石柱は、陳陰生(1899-1963)と西北あず(生死年不明)の作品です。
寺院の門にある木彫りと石柱は、陳陰生(1899-1963)と西北あず(生死年不明)の作品です。
テンプルゲートの曲げ小屋のスタッキングバケットフレーム
テンプルゲートの曲げ小屋のスタッキングバケットフレーム
永安宮の新旧寺院
永安宮の新旧寺院

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點