メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台南重慶寺

台南重慶寺
 
台南重慶寺は府城の名勝「七寺八廟」の一つに数えられる
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台南市中西区中正路5巷2号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20351,22.99187
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

重慶寺は台南市にある有名な寺院です。重慶寺で最も人気なのは縁結びの神様である月下老人と、かき混ぜると愛情を修復するという酢の壺です。仲を修復したい恋人たちが訪れ、酢の壺をかき混ぜる姿が見られます。台湾でもここだけのユニークな宗教文化です。 重慶寺の建立は清の康熙60年(1721年)です。清の道光元年(1821年)に改築されて以降、重慶寺と改称しました。長い歴史を持つ重慶寺は、伽藍の規模も大きく、その景観の美しさからも府城「七寺八廟」にも数えられました。元々重慶寺があった土地は、大正4年(1915年)に台南州庁などの官庁を建てるために収用されましたが、大正5年(1916年)に信徒が現在の土地を買い取って寺を再建し、現在の姿となっています。1969年には貢噶老人(1903-1997年)が住職となり、民間信仰の廟であった重慶寺をチベット仏教カルマ・カギュ派の道場に変えました。

發展源流

主要特色


重慶寺は台南で長い歴史を持つ仏教寺院で、多くの人が羅漢寺に参拝し、仏陀の保護を祈っています。
重慶寺は台南で長い歴史を持つ仏教寺院で、多くの人が羅漢寺に参拝し、仏陀の保護を祈っています。
礼拝堂は本堂の前に建てられ、本堂と礼拝堂の内部が一体となった空間となっています。
礼拝堂は本堂の前に建てられ、本堂と礼拝堂の内部が一体となった空間となっています。
ニュースレターの前にある「酢脈石」は、台湾独特の特別な信念文化です。多くの感傷的な男性と女性が酢脈石をかき混ぜて、感情の調和を祈るために来ます。
ニュースレターの前にある「酢脈石」は、台湾独特の特別な信念文化です。多くの感傷的な男性と女性が酢脈石をかき混ぜて、感情の調和を祈るために来ます。
老人のゴンガは満州の貴族で生まれ、チベット仏教のカルマ・カギュ派の師匠でした。
老人のゴンガは満州の貴族で生まれ、チベット仏教のカルマ・カギュ派の師匠でした。
1969年、老人のゴンガが重慶寺の僧院長を務めたため、重慶寺は「海のダンチェンに対する大いなる思いやり」としても知られていました。
1969年、老人のゴンガが重慶寺の僧院長を務めたため、重慶寺は「海のダンチェンに対する大いなる思いやり」としても知られていました。
重慶寺の明建神社は仏教の三賢を祀っています
重慶寺の明建神社は仏教の三賢を祀っています
1957年、取締役会は「ベスト参加」の盾を提示し、パン麗水は取締役会にリストされました。
1957年、取締役会は「ベスト参加」の盾を提示し、パン麗水は取締役会にリストされました。
門神の扉の神の絵は、文部省の全国芸術家賞である潘麗水によるものです。
門神の扉の神の絵は、文部省の全国芸術家賞である潘麗水によるものです。
重慶寺の礼拝堂のファサードに設置された間仕切りとパネル
重慶寺の礼拝堂のファサードに設置された間仕切りとパネル

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點