メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

開基武廟旧正殿

開基武廟旧正殿
 
開基武廟は家屋に挟まれ、街屋型の廟となっている
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市中西区新美街116号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20079,22.99642
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

開基武廟では関聖帝君を主神として祀っています。鄭氏政権時代に鄭成功(1624-1662年)の部将が福建省泉州府晋江県塗門関帝廟から2体の関聖帝君神像を携えて台湾にやってきました。そして、承天府西定坊港口前に草葺きの小屋を建てて神像を祀ったのです。その後、参拝者が徐々に増え、資金を集めて廟を建てました。数度の改築を経て、清の嘉慶23年(1818年)の改築によって開基武廟の配置が確立しました。 関聖帝君は略して関帝と呼ばれます。同じく関聖帝君を祀る祀典武廟に対して、開基武廟は小関帝廟と呼ばれるほか、場所が関帝港にあることから、関帝港武廟とも呼ばれました。地形が変化したため、今では開基武廟の前には海はありません。新美街に位置する開基武廟は土地利用の都合で街屋の間に挟まれた街屋型の廟宇建築となっており、廟の前は街路に面しています。建物の配置は元は三落(3棟の平行した建物)でしたが、1974年に後殿が取り壊され、現在は三川門と正殿のみとなっています。

發展源流

主要特色


清王朝の乾隆帝41年(1776年)の「ヘンウェンティアンケ」のプラークは、寺院で最も古い文化的遺物です。
清王朝の乾隆帝41年(1776年)の「ヘンウェンティアンケ」のプラークは、寺院で最も古い文化的遺物です。
開基武廟の青銅の鐘は長い歴史があり、鐘は強くて大きな音がします。
開基武廟の青銅の鐘は長い歴史があり、鐘は強くて大きな音がします。
開基武廟は新明通りにあります
開基武廟は新明通りにあります
開基武廟の神々の協会です
開基武廟の神々の協会です
本堂の神社裏は三人の役人に捧げられています
本堂の神社裏は三人の役人に捧げられています
開基武廟旧正殿の本堂のレイアウトが狭いため、切妻には馬の主、赤ウサギの馬、虎の主を祀るニッチが設置されました。
開基武廟旧正殿の本堂のレイアウトが狭いため、切妻には馬の主、赤ウサギの馬、虎の主を祀るニッチが設置されました。
門神のパネルはドアの神ではなく、ドアの釘で描かれています。
門神のパネルはドアの神ではなく、ドアの釘で描かれています。
カイジウー寺院は小さなレイアウトですが、三川門、ベイティング、メインホールが一堂に会し、連続した空間を形成しています。
カイジウー寺院は小さなレイアウトですが、三川門、ベイティング、メインホールが一堂に会し、連続した空間を形成しています。
神社二行連句「このお寺に入るときは、このお寺を出なければなりません。ろくでなしや叩頭にならないでください。バイスの人々は学ぶことを考え、心を注意深くチェックしなければなりません。」
神社二行連句「このお寺に入るときは、このお寺を出なければなりません。ろくでなしや叩頭にならないでください。バイスの人々は学ぶことを考え、心を注意深くチェックしなければなりません。」

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點