メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台南水仙宮

台南水仙宮
 
台南水仙宮は府城の名勝「七寺八廟」の一つに数えられる
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市中西区水仙里神農街1号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.19808,22.99704
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

永楽市場と水仙宮市場に挟まれた台南水仙宮は、露店にぐるりと取り囲まれています。昔は五条港(5本の水路が流れた地域)の一つである南勢港にあり、五条港の中心でした。主神は水を司る水仙尊王で、清代には水上輸送に関係する商人たちに広く信仰されていました。清の乾隆6年(1741年)には、府城三郊(「郊」とは清代の地域型商業ギルド組織)により、郊の事務を行う「三益堂」が宮内に設置されました。 水仙宮には、元は三川門、拝亭、大殿、後殿があり、台南で最も美しいとされる「七寺八廟」の一つに数えられていました。その後、清代や日本の大正6年(1917年)など、何度か修築が行われましたが、昭和16年(1941年)に後殿と中殿を解体し、1954年に唯一残っていた三川門を修繕して、今日の姿になりました。 水仙宮の主要な建築は、両落(2棟の平行した建物)ですが、三川門と正殿の間には回廊や中庭はなく、空間はつながっています。廟内には1つの祭壇があり、祭壇には「一帝二王二大夫」の5体の水仙尊王が祀られています。

發展源流

主要特色


寺院の壁にちりばめられた「水仙宮清寺レシジ」は、清王朝乾隆帝30年(1765年)の水仙宮の建築規模を記録したものです。
寺院の壁にちりばめられた「水仙宮清寺レシジ」は、清王朝乾隆帝30年(1765年)の水仙宮の建築規模を記録したものです。
三川門の真ん中の扉にある太鼓はシンプルな形です
三川門の真ん中の扉にある太鼓はシンプルな形です
三益堂は3つの郊外のギルドホールの名前であり、サイトは水仙宮殿にあります
三益堂は3つの郊外のギルドホールの名前であり、サイトは水仙宮殿にあります
三川門の正面庇柱は、現代に彫られた龍柱です。
三川門の正面庇柱は、現代に彫られた龍柱です。
本堂の中心は金の柱枠で、3つのリンクと4つのメロンを積み上げたバケツを採用しています。
本堂の中心は金の柱枠で、3つのリンクと4つのメロンを積み上げたバケツを採用しています。
水仙宮は、三川門と本堂の間にある2棟の建物で、奥行きが深いため、暗い空間を感じさせます。
水仙宮は、三川門と本堂の間にある2棟の建物で、奥行きが深いため、暗い空間を感じさせます。
水仙宮の市庁舎にある水仙王は夏皇帝であるため、水仙宮殿は「大宇寺」としても知られています。
水仙宮の市庁舎にある水仙王は夏皇帝であるため、水仙宮殿は「大宇寺」としても知られています。
神社は水仙の王5人、「皇帝1人、王2人、医者2人」を祀っています。
神社は水仙の王5人、「皇帝1人、王2人、医者2人」を祀っています。
永楽市場と水仙宮市場に挟まれた台南水仙宮
永楽市場と水仙宮市場に挟まれた台南水仙宮

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點