メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

元台南神社事務所

元台南神社事務所
 
日本統治時代の歴史建築の中心部にあったが、今は孔子廟文化園区にある
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市中西区永華里忠義路2段2号忠義國小內
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20237,22.98957
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

元台南神社事務所は、現在の孔子廟文化園区内にあります。大正12年(1923年)に建てられた台南神社は、台湾神社に次ぐ社格の神社でした。事務所は昭和10-12年(1935-1937年)ごろに建設されたものです。社務所が伝統的に御本殿の左側に建てられているのとは異なり、この事務所は御本殿から離れていることから、皇族が天皇の名代として巡視に訪れた際の臨時の邸宅で、臣民との接見も行われた「神苑休憩所」だと考えられています。 建築様式は、一般的な和風建築と同様ですが、室内装飾は珍しい布柄タイルが中心で、また床は継ぎ目のない彩色セメントでできており、台南市の他の古跡では見られないユニークなものとなっています。2010年には、省エネ・CO2削減をコンセプトに改修工事を行った後、忠義小学校デジタル図書室になっており、環境に配慮した文化財の保存・活用が行われています。" "元台南神社事務所は、現在の孔子廟文化園区内にあります。大正12年(1923年)に建てられた台南神社は、台湾神社に次ぐ社格の神社でした。事務所は昭和10-12年(1935-1937年)ごろに建設されたものです。社務所が伝統的に御本殿の左側に建てられているのとは異なり、この事務所は御本殿から離れていることから、皇族が天皇の名代として巡視に訪れた際の臨時の邸宅で、臣民との接見も行われた「神苑休憩所」だと考えられています。 建築様式は、一般的な和風建築と同様ですが、室内装飾は珍しい布柄タイルが中心で、また床は継ぎ目のない彩色セメントでできており、台南市の他の古跡では見られないユニークなものとなっています。2010年には、省エネ・CO2削減をコンセプトに改修工事を行った後、忠義小学校デジタル図書室になっており、環境に配慮した文化財の保存・活用が行われています。

發展源流

主要特色


元台南神社事務所周辺の緑豊かな環境
元台南神社事務所周辺の緑豊かな環境
屋根は模造の木造で設計されており、独特の照明があります
屋根は模造の木造で設計されており、独特の照明があります
修理プロセス中の各部品の構造の説明
修理プロセス中の各部品の構造の説明
2007年の修復過程で、セメントにカラーパウダーを加えてシームレスに統合しましたが、これは非常に難しい建設技術です。
2007年の修復過程で、セメントにカラーパウダーを加えてシームレスに統合しましたが、これは非常に難しい建設技術です。
練習のベースを上げて、階段状の通路を持ってください
練習のベースを上げて、階段状の通路を持ってください
元台南神社事務所の石面を洗った
元台南神社事務所の石面を洗った
日本の「玄関」屋根
日本の「玄関」屋根
元台南神社事務所には、似たような布の模様の非常に珍しいタイルがあります。
元台南神社事務所には、似たような布の模様の非常に珍しいタイルがあります。
元台南神社事務所は、1999年(2010年)に中義小学校の電子図書館教室、多機能ディスカッションルーム、図書館として計画されました。
元台南神社事務所は、1999年(2010年)に中義小学校の電子図書館教室、多機能ディスカッションルーム、図書館として計画されました。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點