メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

延平郡王祠

延平郡王祠
 
延平郡王祠は北方宮殿風の建築様式を採用している
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台南市中西区開山路152号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20817,22.98746
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

延平郡王祠の前身は住民が鄭成功(1624-1662年)を祀った開山王廟でした。延平郡王とは明の永暦9年(1655年)に永暦皇帝が鄭成功に与えた爵位です。清の光緒元年(1875年)、南洋大臣沈葆楨らは台南に鄭成功を祀る専祠(特定の人物を祀るための祠廟)を建てることを朝廷に上奏し、許可されました。台湾全土にある鄭成功を祀る祠廟のうち、台南の延平郡王祠は最も由緒ある廟です。 沈葆楨の指示で建てられたのは南方の福州様式の祠廟でした。日本統治時代になると、鄭成功の政治的意義(鄭成功の母は日本人であった)が考慮され、明治30年(1897年)に延平郡王祠は改修されて「開山神社」となりました。開山神社は日本統治時代に初めてできた神社で、台湾にあった廟が神社に改修された唯一の例です。1963年には全面的な改築が行われて鉄筋コンクリートの北方宮殿風建築となり、公園内に展示館も設けられました。

發展源流

主要特色


「鄭成功文化遺物博物館」では、随時特別展を開催しています。1997年(2018年)、「台南孔子廟帝国プラーク特別展」では、台南孔子廟の8者清王朝帝国プラークを展示しました。
「鄭成功文化遺物博物館」では、随時特別展を開催しています。1997年(2018年)、「台南孔子廟帝国プラーク特別展」では、台南孔子廟の8者清王朝帝国プラークを展示しました。
1963年に建てられた「台南国立文化遺物博物館」は、2003年に「鄭成功文化遺物博物館」に改名されました。
1963年に建てられた「台南国立文化遺物博物館」は、2003年に「鄭成功文化遺物博物館」に改名されました。
古代の井戸はたくさんの水で左側のコンパートメントに保管されています
古代の井戸はたくさんの水で左側のコンパートメントに保管されています
日本統治時代、延平郡王祠は海山神社に変更されました。写真は海山神社の日本神社です。
日本統治時代、延平郡王祠は海山神社に変更されました。写真は海山神社の日本神社です。
日本統治時代、延平郡王祠は海山神社に変更され、戦後、国民党の紋章が神社の鳥居に置かれ、アーチ道に変わりました。
日本統治時代、延平郡王祠は海山神社に変更され、戦後、国民党の紋章が神社の鳥居に置かれ、アーチ道に変わりました。
監国寺は、鄭成功の孫である鄭成功とその妻チェンの神々を祀る。
監国寺は、鄭成功の孫である鄭成功とその妻チェンの神々を祀る。
後陣トフィー神社は、延平郡王の生母である天川の王位を祀っています
後陣トフィー神社は、延平郡王の生母である天川の王位を祀っています
本堂の天井に吊るされた「ミッションボックス」は、法令を保管するために使用されます。
本堂の天井に吊るされた「ミッションボックス」は、法令を保管するために使用されます。
市庁舎の燕平郡王の銅像は楊英鳳によって形作られ、正面には「誠実な敬意」、「心の尊敬」、「ヘキシンタン」神協会の像が祀られています。
市庁舎の燕平郡王の銅像は楊英鳳によって形作られ、正面には「誠実な敬意」、「心の尊敬」、「ヘキシンタン」神協会の像が祀られています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點