メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台南東嶽殿

台南東嶽殿
 
台南東嶽殿は日本統治時代の道路拡幅により道路に近接した
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市中西区民権路1段110号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20942,22.99054
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

台南東嶽殿は、東嶽廟や嶽帝廟とも呼ばれています。建物の配置は三落(3棟の平行した建物)で、前殿には東嶽泰山天斉仁聖大帝、中殿には地蔵菩薩、後殿には鄷都大帝が祀られています。泰山の山の神を主神とするものとしては台湾で最も歴史の古い廟です。台湾の民間信仰において、泰山の山の神は死後の世界を司る神であり、人間の寿命と死後の霊魂を管理しています。そのため、台南東嶽殿には大勢の参拝者が訪れ、線香の煙が絶えることはありません。ここで行われる数々の儀式のうち、特に有名なのは「打城」の儀式です。「打城」とは、台湾の民間信仰において、死後の霊魂を「枉死城(恨みを持って死んだ人の魂がとどまる町)」から解放する儀式で、台湾漢人社会の死生観をよく表しています。 台南東嶽殿が位置する台南市中西区は、清代から続く民間工芸の集散地で、東嶽殿の周囲にも線香や紙銭、紙細工、仏像彫刻などを売る店があります。東嶽廟と周辺の店を回れば、台湾の民間信仰や伝統工芸についても理解できるでしょう。

發展源流

主要特色


後陣にはパトロールのための儀仗兵が装備されており、執事委員会は東岳廟の3つの重要な神、すなわち天啓帝、天啓帝、豊都皇帝を書いています
後陣にはパトロールのための儀仗兵が装備されており、執事委員会は東岳廟の3つの重要な神、すなわち天啓帝、天啓帝、豊都皇帝を書いています
台南東嶽殿は台湾で有名な人里離れた寺院で、エッセイを書くためのサービスを提供しています
台南東嶽殿は台湾で有名な人里離れた寺院で、エッセイを書くためのサービスを提供しています
台南東嶽殿の主人は、東嶽泰山天斉仁聖大帝を崇拝し、その人の生命を管理していました。 通称「ユエディイェ」または「ドンユエ大皇帝」
台南東嶽殿の主人は、東嶽泰山天斉仁聖大帝を崇拝し、その人の生命を管理していました。 通称「ユエディイェ」または「ドンユエ大皇帝」
後陣の頭は豊都皇帝を崇拝します
後陣の頭は豊都皇帝を崇拝します
身廊の両側の壁の前に山の10のホールが祀られています
身廊の両側の壁の前に山の10のホールが祀られています
身廊は地蔵菩薩を祀っています
身廊は地蔵菩薩を祀っています
それは大皇帝レンシェンの隣の急行部によって祀られています。つまり、その人の魂は死後できるだけ早くここに報告する必要があります。
それは大皇帝レンシェンの隣の急行部によって祀られています。つまり、その人の魂は死後できるだけ早くここに報告する必要があります。
ドンユエ皇帝は彭祖と甘洛王子を崇拝しました。つまり、彼が世界にどれだけ長く住んでいたとしても、彼の業績に関係なく、彼は死後ドンユエ皇帝の席に報告しました。
ドンユエ皇帝は彭祖と甘洛王子を崇拝しました。つまり、彼が世界にどれだけ長く住んでいたとしても、彼の業績に関係なく、彼は死後ドンユエ皇帝の席に報告しました。
日本統治17年(1942年)、寺院前の道路が拡幅され、三川門と鐘と太鼓の塔が取り壊され、正面玄関の窮屈な光景が形成されました。
日本統治17年(1942年)、寺院前の道路が拡幅され、三川門と鐘と太鼓の塔が取り壊され、正面玄関の窮屈な光景が形成されました。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點