メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台南天壇

台南天壇
 
天壇がある場所はかつては「天公埕」と呼ばれており、1661年12月に延平郡王鄭成功がここに祭壇を作って天を祭ったと言い伝えられている
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市中西区忠義路2段84巷16号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.20419,22.99399
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

台南天壇は、その名の通り天を祀る場所です。天壇の主神は玉皇上帝で、俗に天公、上蒼、玉皇陛下などとも呼ばれています。玉皇上帝は台湾の民間信仰では最高位の神であり、そのため台南天壇と開基玉皇宮も台南地域において非常に深く信仰されています。 天壇がある地域はかつては「天公埕」と呼ばれていました。明の永暦15年(1661年)12月に延平郡王鄭成功(1624-1662年)がここに祭壇を作って天を祭ったと言い伝えられています。清代初期には住民が香炉を設置して祭祀を行い、清の咸豊4年(1854年)には官民で資金を集め、まず三川門と正殿を、翌年には後殿を建設しました。各時代の修築を経て、今日の天壇の配置が完成しました。主要建築の配置は三落両廊(平行した3棟と2つの回廊)となり、天壇の左側には武聖殿も建てられました。 天壇正殿の軒下に掛かる「一」の字の扁額は、府城(台南)三大名扁と称えられています。この「一」と軒上の「大哉」の石刻の「大」を合わせると「天」になり、天に対する礼賛を表しています。

發展源流

主要特色


三川門のパネルは扉の神様を描いているのではなく、釘の釘を描いています。扉の釘の総数は108本です
三川門のパネルは扉の神様を描いているのではなく、釘の釘を描いています。扉の釘の総数は108本です
天壇には、人々のために祈るために聖典を唱える学生がよくいます
天壇には、人々のために祈るために聖典を唱える学生がよくいます
後陣の左側の壁の前には、張福の天子が祀られており、台南には天子を迎えて送り出す習慣があります
後陣の左側の壁の前には、張福の天子が祀られており、台南には天子を迎えて送り出す習慣があります
後陣にある明建神社は、三清道教の先祖に捧げられており、道教の神々の最高の神です
後陣にある明建神社は、三清道教の先祖に捧げられており、道教の神々の最高の神です
本堂はそびえ立っており、その上に「ダザイ」の石がちりばめられています。元の記念碑は清王朝の咸豊時代の文化財であり、現在は寺院に移されて展示されています。
本堂はそびえ立っており、その上に「ダザイ」の石がちりばめられています。元の記念碑は清王朝の咸豊時代の文化財であり、現在は寺院に移されて展示されています。
本堂の四隅には、台南の初期の寺院建築の特徴の一つである「ハンファンチンダモミ」と呼ばれるフレームを運ぶハンファンがあります
本堂の四隅には、台南の初期の寺院建築の特徴の一つである「ハンファンチンダモミ」と呼ばれるフレームを運ぶハンファンがあります
蔣介石大統領(1887-1975)の楯が本堂の神社の上に吊るされ、空への敬意を表しています
蔣介石大統領(1887-1975)の楯が本堂の神社の上に吊るされ、空への敬意を表しています
「一」という言葉が書かれた盾は、街の3つの有名な盾として知られています。
「一」という言葉が書かれた盾は、街の3つの有名な盾として知られています。
天壇の主神は玉皇大帝であり、神に形作ることができる天壇の具体的な像はないと信じられているため、天壇は神々を祀っています。
天壇の主神は玉皇大帝であり、神に形作ることができる天壇の具体的な像はないと信じられているため、天壇は神々を祀っています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點