メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

関子嶺碧雲寺

関子嶺碧雲寺
 
関子嶺碧雲寺は「半壁吊灯火」という霊地に位置する
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市白河区仙草里火山1号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.48085,23.32524
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

「火山碧雲寺」や「新巌」などとも呼ばれる関子嶺碧雲寺は、観音菩薩を祀る仏教の道場です。台南市関子嶺の中腹に位置する碧雲寺は、美しい枕頭山を背にし、眼前には広々とした嘉南平原を見渡す美しい環境の中にあります。清の嘉慶元年(1796年)に應祥禅師がこの地の地相を見て、縁起の良い「半壁吊灯火」という霊穴であることに気づき、観音菩薩正二媽神像をお迎えして寺院を建てたということです。 東山碧軒寺における「仏のお出迎えと巡礼祭り」は、東山、白河の山間部で毎年旧暦の年末年始に行われる、最も壮大で華麗な民俗行事です。清の道光24年(1844年)、火山碧雲寺が戦火で焼失しました。東山荘の村人たちは碧雲寺正二媽神を避難させ、近くの白河鎮の住民とともに東山碧軒寺を建てて祀りました。そして、元の碧雲寺を正二媽神の実家と見なしたのです。今でも東山碧軒寺の正二媽神は毎年旧暦12月23日から関子嶺碧雲寺に里帰りし、年越しします。そして、明くる年の旧暦1月10日に再び東山碧軒寺に正二媽神をお迎えするのです。

發展源流

主要特色


補助ホールに通じる本堂の開口部は花瓶の扉のような形をしています
補助ホールに通じる本堂の開口部は花瓶の扉のような形をしています
総主教館は関子嶺の碧雲寺の僧院長の蓮華座に捧げられており、その前にある碧雲寺の清水総主教の像は禅師英翔と言われています。
総主教館は関子嶺の碧雲寺の僧院長の蓮華座に捧げられており、その前にある碧雲寺の清水総主教の像は禅師英翔と言われています。
本堂の両側の壁に沿って十八羅漢が祀られており、神社や台座は日本占領期の精巧な大工仕事や石洗い技術を示しています。
本堂の両側の壁に沿って十八羅漢が祀られており、神社や台座は日本占領期の精巧な大工仕事や石洗い技術を示しています。
本堂の観音菩薩像は叔母、市庁舎の仏像の中には海寺仏像が祀られており、3人目の母親が叔母の前にいる
本堂の観音菩薩像は叔母、市庁舎の仏像の中には海寺仏像が祀られており、3人目の母親が叔母の前にいる
明建神社の本堂は観音菩薩を祀っています
明建神社の本堂は観音菩薩を祀っています
拜亭のフードテーブルは、僧侶が毎日正午と夕方に外食するために使用します。 食べることは仏教の儀式であり、魔法の世界からの祝福された水稲人形で満たされています
拜亭のフードテーブルは、僧侶が毎日正午と夕方に外食するために使用します。 食べることは仏教の儀式であり、魔法の世界からの祝福された水稲人形で満たされています
関子嶺碧雲寺の本堂とその後ろに新しく建てられた大興堂
関子嶺碧雲寺の本堂とその後ろに新しく建てられた大興堂
山門の内扉は「シャオ・シチアン」で塞がれており、この場所は地球上の仏国の浄土であることを意味します
山門の内扉は「シャオ・シチアン」で塞がれており、この場所は地球上の仏国の浄土であることを意味します
山門左側のチュミドンは白米が流出したと言われています
山門左側のチュミドンは白米が流出したと言われています

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點