メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

八徳三元宮

八徳三元宮
 
八徳三元宮の正面図
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 桃園市八徳区中山路1号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.28461,24.93030
指定機関: 桃園市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

「八徳大廟」の呼び名を持つ三元宮は、清の乾隆年間に創建されたと言われていますが、碑文や歴史書などの正確な記録がないため、正確な年代は定かではありません。その後、大正12年(1923年)に改築されました。桃園八徳地域の重要な古廟であり、信仰の中心となっています。ここでは主に天、地、水を司る三官大帝が祀られており、「三元」の名はこれに由来しています。 八徳三元宮の建物は、歴史的に重要であるだけでなく、高い芸術性も持ち合わせています。木彫は桃園一の名匠葉金万(1841-1930年)の作品で、殿内の螭虎(中国の架空の動物)の曲線には躍動感があり、堂々とした姿を見せています。石彫は名匠張火広(1874-1937年)の手によるもので、人物も草花もまるで命を吹き込まれたかのようです。交趾焼の大家陳天乞(1906-1991年)による精巧かつ優美な装飾も見所です。たおやかな女官や鎧をまとった武将たちは、どれも生き生きとして今にも動き出しそうです。

發展源流

主要特色


有名な職人チェン・ティエンキ(1906-1991)による交趾陶器壁画の「4つの不備」の1つ:シー・チョンは彼にお金がないことを嘆きます
有名な職人チェン・ティエンキ(1906-1991)による交趾陶器壁画の「4つの不備」の1つ:シー・チョンは彼にお金がないことを嘆きます
本堂の床は、日本統治時代に改装された砥石の床です。
本堂の床は、日本統治時代に改装された砥石の床です。
天・地・水を担当する道教を担当する三人の天皇の祭壇
天・地・水を担当する道教を担当する三人の天皇の祭壇
太歳新純の元香炉:香炉には狻猊が刻まれている-ドラゴンが9人の息子を産んだと噂されており、8番目の息子の狻猊はライオンのように見えて花火に適しているので、お香バーナー
太歳新純の元香炉:香炉には狻猊が刻まれている-ドラゴンが9人の息子を産んだと噂されており、8番目の息子の狻猊はライオンのように見えて花火に適しているので、お香バーナー
屋根の尾根は「西尾根」とも呼ばれ、清王朝末期から、龍などの豪華な高尾根を屋根の尾根に追加することで人気があります。
屋根の尾根は「西尾根」とも呼ばれ、清王朝末期から、龍などの豪華な高尾根を屋根の尾根に追加することで人気があります。
ホールの両側にある壮大な木彫りは、有名な職人イェジンワンによって「83歳のイェジンワンジャン、西安趙の家から8ブロックに刻まれた」と署名されました。
ホールの両側にある壮大な木彫りは、有名な職人イェジンワンによって「83歳のイェジンワンジャン、西安趙の家から8ブロックに刻まれた」と署名されました。
ホール中央の三関には3体の神像があり、皇帝の衣装を着て、皇帝の帽子をかぶって、両手に音楽板を持ち、両手のひらを胸に当てています。 3つは同じです。
ホール中央の三関には3体の神像があり、皇帝の衣装を着て、皇帝の帽子をかぶって、両手に音楽板を持ち、両手のひらを胸に当てています。 3つは同じです。
三元宮宮殿の天宮炉:天宮炉は、「神々を崇拝するためには、最初に空を尊重しなければならない」という古代の儀式に従うように設計されています。
三元宮宮殿の天宮炉:天宮炉は、「神々を崇拝するためには、最初に空を尊重しなければならない」という古代の儀式に従うように設計されています。
「恵安張鳳凰」の文字が刻まれた太鼓石(石太鼓)は、三川門の前に置かれ、石の土台となり、門柱を持ち上げて支え、門柱の揺れや濡れを防ぎます。ドアシャフトを安定させるためのドアモルタルとして使用
「恵安張鳳凰」の文字が刻まれた太鼓石(石太鼓)は、三川門の前に置かれ、石の土台となり、門柱を持ち上げて支え、門柱の揺れや濡れを防ぎます。ドアシャフトを安定させるためのドアモルタルとして使用

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點