メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

剣潭寺

剣潭寺
 
剣潭寺は昭和年間に現在の場所・大直に移転された
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台北市中山区北安路805巷6号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 121.55536,25.08648
指定機関: 台北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

剣潭寺はその昔、圓山にありました。言い伝えでは鄭氏政権時代(1662年-1683年)にアモイ僧侶の華栄が観音菩薩像を携えて台湾に渡ったのがその起源だとされ、寺が建立されたのは清の乾隆11年(1746年)以前だと考えられています。その後、剣潭寺は清の乾隆38年(1773年)、嘉慶5年(1800年)に改築されました。数回の改築のうち、大正7年(1918年)に陳応彬の指揮により改築された大殿は、他では見られない珍しい様式の建物となっています。 日本統治時代の昭和12年(1937年)、圓山の台湾神社拡張のため剣潭寺は移転を強いられましたが、その際、経費不足のため、元の建物の建材を再利用して建てられたのは、単落十一開間(柱が12本立つ広さ)の小さな建物だけでした。現在、明間(主要な部屋)には建立時からの本尊である送子観音が、左の部屋には延平郡王(鄭成功)が主に祀られています。延平郡王が祀られているのは、剣潭の起源と鄭成功に関する民間伝承に由来しています。

發展源流

主要特色


剣潭古代寺院は現在、台北で最も古い寺院の1つです。
剣潭古代寺院は現在、台北で最も古い寺院の1つです。
剣潭古代寺院には、その年の職人の傑作が数多く保存されており、歴史的に保存する価値があります。
剣潭古代寺院には、その年の職人の傑作が数多く保存されており、歴史的に保存する価値があります。
剣潭の古代寺院の隣には森の庭があり、剣潭の古代寺院の古い寺院の柱と石の板が保存されています。
剣潭の古代寺院の隣には森の庭があり、剣潭の古代寺院の古い寺院の柱と石の板が保存されています。
寺院の前には、「剣潭古代寺院」の4文字が描かれたターコイズ色の瓦屋根のアーチがあります。
寺院の前には、「剣潭古代寺院」の4文字が描かれたターコイズ色の瓦屋根のアーチがあります。
解体された建物の構成要素は、寺院の隣の公園に展示されています
解体された建物の構成要素は、寺院の隣の公園に展示されています
清王朝の咸豊帝2年(1852年)、「建丹寺の龍器を傷つけるための石片の彫り込みを厳しく禁止」
清王朝の咸豊帝2年(1852年)、「建丹寺の龍器を傷つけるための石片の彫り込みを厳しく禁止」
清王朝の嘉慶帝5年(西暦1800年)の供養台の証言
清王朝の嘉慶帝5年(西暦1800年)の供養台の証言
仏教仏や菩薩に加えて、剣潭寺にはヤンピンジュンワンや他の神々などの民俗信仰があり、剣潭の名前の由来を反映しています。
仏教仏や菩薩に加えて、剣潭寺にはヤンピンジュンワンや他の神々などの民俗信仰があり、剣潭の名前の由来を反映しています。
送子観音を送剣潭寺の基礎を開きます、言い伝えでは僧侶の華栄が観音菩薩像を携えて台湾に渡ったのがその起源だとされ
送子観音を送剣潭寺の基礎を開きます、言い伝えでは僧侶の華栄が観音菩薩像を携えて台湾に渡ったのがその起源だとされ

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點