メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

北投磺田福佑宮

北投磺田福佑宮
 
北投不動明王石窟は滝の隣にあり、周囲は美しい自然に囲まれた静かな環境です
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台北市北投区大業路667巷8号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 121.49950,25.13753
指定機関: 台北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

北投不動明王石窟は、仏教の不動明王を祀っていることからこの名が付きました。陽明山国立公園内の滝の横の岩壁に彫られた石窟で、周囲は美しい自然に囲まれた静かな環境です。岩壁に彫られた祭壇には不動明王立像の浮き彫りがあります。不動明王は大日如来の化身で、導き難い衆生を救うため、憤怒の形相で仏の教えに帰依させます。空海が唐から日本に帰国する途中で、不動明王に旅の無事を祈ったことから、日本の密教においては不動明王の信仰が非常に盛んになりました。 北投不動明王石窟は、温泉旅館星乃湯経営者の佐野庄太郎が大正時代に造ったものです。この事実は、石窟の掘削と北投温泉の発展との関連を表すとともに、日本統治時代に日本仏教が台湾に広まったことを示しています。

發展源流

主要特色


神々への敬意を表すために寺院に出入りする彫像を歓迎するとき、鐘と太鼓が屋内に吊るされて打たれます
神々への敬意を表すために寺院に出入りする彫像を歓迎するとき、鐘と太鼓が屋内に吊るされて打たれます
屋根は強化コンクリートで作られていますが、それでも伝統的な屋根の慣習を示すために色で塗られています
屋根は強化コンクリートで作られていますが、それでも伝統的な屋根の慣習を示すために色で塗られています
寺院の左の隙間には竹の棒と詩が置かれ、スルフィールドの磺田福佑宮殿で使われている61の蓮があります。
寺院の左の隙間には竹の棒と詩が置かれ、スルフィールドの磺田福佑宮殿で使われている61の蓮があります。
天宮炉のパビリオンにある二行連句は、香を焚いて神を崇拝したいという人々の願望を示しています
天宮炉のパビリオンにある二行連句は、香を焚いて神を崇拝したいという人々の願望を示しています
磺田福佑宮の建体と周囲の壁の建材はすべて石石です
磺田福佑宮の建体と周囲の壁の建材はすべて石石です
磺田福佑宮は車線にあり見つけにくいため、連海路に新しいアーチ道を建設し、アーチ道の上に立像のフーデを配置しました。
磺田福佑宮は車線にあり見つけにくいため、連海路に新しいアーチ道を建設し、アーチ道の上に立像のフーデを配置しました。
内壁には二十四節気が刻まれており、装飾のテーマは農業の守護聖人である風成シェンを反映しています。
内壁には二十四節気が刻まれており、装飾のテーマは農業の守護聖人である風成シェンを反映しています。
磺田福佑宮は単落一開間(柱が2本立つ広さ)のコンパクトな建物で
磺田福佑宮は単落一開間(柱が2本立つ広さ)のコンパクトな建物で
寺院の主な神は福徳正神であり、中央にはカイジの像が祀られており、信者は祖先として尊敬されています
寺院の主な神は福徳正神であり、中央にはカイジの像が祀られており、信者は祖先として尊敬されています

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點