メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

板橋迪毅堂

板橋迪毅堂
 
福建省漳州・泉州系移民間の武力衝突で亡くなった者を祀る板橋迪毅堂
文化財分類: 史跡
所在地: 新北市板橋区館前西路92号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.45735,25.00737
指定機関: 新北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

板橋迪毅堂は漳泉闘争の亡霊を祀る祠です。徐元帥を主として祀り、福徳正神と12人の勇士を配祀しています。徐元帥の本名は徐才(生没年不詳)で、板橋の林本源一族が雇っていた武術の師匠でした。清の咸豊9年(1859年)林本源一族の林国芳(1820-1862年)は漳州人を率い、地域対立した泉州人と武装闘争を繰り広げましたが、その過程で徐才と12人の勇士が命を落としました。彼らの遺体は林国芳によって埋葬され、その後、林家は出資して祠を建てて、徐才と12人の勇士を祀りました。 現在の迪毅堂の建物は、日本統治時代の大正14年(1925年)に劉嘉輝(生没年不詳)が改修を呼びかけたものです。その時、徐才は神像として造られ、徐元帥と呼ばれるようになりました。主体となる建物の配置は三開間単落(一の字の形をした構造)です。普段は参拝者は少なく薄暗い室内がいっそう寂しさを感じさせます。主な祭典には毎年旧暦7月26日の徐元帥の生誕祭があり、その日に迪毅堂前で普度が行われます。

發展源流

主要特色


寺院の木造品はすべて彫られています
寺院の木造品はすべて彫られています
頂泰山巌は徐元帥を主として祀り、毎年旧暦7月26日の徐元帥の生誕祭がありの桃と誕生日の麺を準備します
頂泰山巌は徐元帥を主として祀り、毎年旧暦7月26日の徐元帥の生誕祭がありの桃と誕生日の麺を準備します
毎年旧暦7月26日、また中元節には迪毅堂前で普度が行われます
毎年旧暦7月26日、また中元節には迪毅堂前で普度が行われます
コーニスフレームは、積み重ねられたバケツ柱の上に二重棟木が付いた二重棟木です
コーニスフレームは、積み重ねられたバケツ柱の上に二重棟木が付いた二重棟木です
耳のある彫刻が施された木製のマネージャーの四角い炉は、迪毅堂の重要な文化的遺物です
耳のある彫刻が施された木製のマネージャーの四角い炉は、迪毅堂の重要な文化的遺物です
神社が倒壊したため、徐元帥の像が撤去された
神社が倒壊したため、徐元帥の像が撤去された
大正14年(1925)、「勇気はまだ残っている」というプラークがひどく剥がれている。
大正14年(1925)、「勇気はまだ残っている」というプラークがひどく剥がれている。
タブレットは、犠牲になった12人の勇士を祀りましたの名前を識別できなくなりました
タブレットは、犠牲になった12人の勇士を祀りましたの名前を識別できなくなりました
迪毅堂の内部は暗く、より悲しそうに見えます
迪毅堂の内部は暗く、より悲しそうに見えます

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點